ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー
沖縄へ行くならANAで!今ならおトクな特典ブックや夕食クーポン付き!

2005年03月28日

2002年11月 久米島の神秘にくらくらするの巻 その3



久米島の鍾乳洞の入り口近くの洞穴にはたくさんの甕とその甕からあふれ出る白骨。
負け犬トリオのJ嬢、Y嬢はびびりまくっていた。

私は恐怖感はあまりなかったけれど、ここがたくさんの霊魂が眠る場所と知り、神妙な気持ちになった。
たぶん墓地のようなものなんだろうけど、いったいいつ頃まで生きていた人達なんだろう?

もともと沖縄は火葬の習慣がない。
今では小さな離島で生活する人も死を迎える場所は、大きい島の病院のベットの上というのが多くなってるようなので、土葬はほとんどないらしい。
でもちょっと前までは隣の島に行くのも一苦労だったんだから、小さめの島にはきっとこういう場所もたくさんあるんだと思う。


びびりまくっているふたりをなだめ、とりあえず鍾乳洞に突入することにした。
入り口は暗く狭いのでまだ恐怖感があるが20mも進むと、中は高さ10mはありそうなドーム状になっている。


広い。

奥行きもすごくある。


そして、そこに足を踏み入れるヒトがあまりいないのか状態がとてもいい。


久米鍾乳洞2.jpg



ふたりの恐怖感も和らいだらしい。
特に鍾乳洞フェチ(なんだ?それ(笑))のY嬢は興奮している。
今まで見たものの中で、かなり上位に食い込む見事さらしい。

私は山口の秋芳洞しか行ったことがないので規模からすると小さいと思ってしまうけど、確かにひとつひとつの鍾乳石?はりっぱだ。
しかも私達のほかに誰もいないので気に入った場所にずっといることも出来るし、写真撮ったり歌だってうたえる(笑)

まぁそういってる割には、写真はぶれてたり何がなんだかわからない出来だったが。

久米鍾乳洞3.jpg


のんびりと探検を終え出口に向かうと雨降りで暑めの雲がかかり薄暗かったはずだけど、外の光がとてもまぶしかった。
別に何か宝物を見つけたわけでも、大蛇を倒したわけもないんだけど、脳内ではインディジョーンズのテーマが流れていた。


うぉぉぉぉ〜〜、我々は恐怖感を克服して、冒険を成し遂げたぜ〜。
きっと、こんな気分だったんだろう。

ってことで、えらそうな写真を撮ってみた。

久米鍾乳洞.jpg


恐怖感はもう既にない。
でも、神聖な場所であることを肌で感じながら、私達はここを後にした。


------------
おしまい。
posted by amam <あむあむ> at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西表のカヌー

西表で不明になったカヌーの発見場所は波照間島(日本最南端の島)よりはるか南の海域らしいです。

ちょっと絶望的な気がします。


春休み、沖縄でマリンスポーツを楽しまれている方も多いと思います。
最終的に自分の命は自分で守らなければならないことがあります。

くれぐれも気をつけて、いい思い出を作って欲しいものです。
posted by amam <あむあむ> at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

<不明カヌー>1隻発見 母子ら3人は見つからず 西表島

<不明カヌー>1隻発見 母子ら3人は見つからず 西表島だそうです。


私がまったく同じルートに行った時も台風が近づいていて海が時化て大変でした。
そのとき賢明なガイドさんは西表→パナリまでは、私たちツアー客にシーカヤックさせたけど(そのときはまだそんなに荒れてなかった)パナリ→西表はエンジンを積んだゴムボートを呼び寄せて、全員、ゴムボートに乗ってカヤックは紐で引っ張って帰りました。

やっぱり自然ってなめちゃ絶対ダメだと思う。
技術や科学の進歩でヒトが万能であるかのように錯覚することもあるけど自然には逆らえない。
大自然のなかでは、ヒトはちっぽけな存在だと思い知らされる。


とはいえ、3人とも無事で帰ってきて欲しいです。
今回の事故についてガイドは特に猛省すべきだと思うけど、命まで奪うことはないと思うのだよ。カミサマ。




だんだん希望が薄らいでいきますが、最後までこのニュースを追ってみたいと思います。




posted by amam <あむあむ> at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

2002年11月 久米島の神秘にくらくらするの巻 その2



久米島に鍾乳洞があるのは、あまり知られていない。


何でだろう?


そこに着くまでは、素朴に、能天気に、何の疑問ももたず、思っていた。



小さく、手入れされていない鍾乳洞行きの案内板をひとつ、ひとつレンタカーで追い、私達は鍾乳洞へ向かった。
重く雲が立ち込め、あたりは薄暗い。
最初に案内板を見つけた幹線道路を離れ、案内板は草木が鬱蒼と茂る山中に導いていく。

鍾乳洞の入り口に立てられた粗末な小屋の前に車を止め、ドアを開けるとけたたましく犬2匹に吠えられた。

繋がれている鎖を引きちぎらんばかりの勢いである。
全然、人に慣れていないらしい。


小屋を訪ねると、中に年齢不詳のネーネーがいた。
なんとなく不気味な感じ。
「ひとり800円」
ぶっきらぼうな答え方、おまけに離島としては高すぎる料金設定。
3人ともテンションが下がりつつもここまで来て帰るわけにもいかず渋々お金を払った。


ネーネーの小屋から離れ鍾乳洞の入り口に向かう途中、J嬢が言った。
「今の女の人、ヒゲ生えてたよね・・・」

気が付いていなかったのは、私だけだったらしい。
確かにウチナーやアイヌの人にそういう人がいるのは知ってるけど、このシチュエーションで見ると怖すぎなのである;;;

なんとか雰囲気を変えようと、鍾乳洞の入り口近くにある洞穴を覗いてみた。

しかしその洞穴の中には甕とその甕の割れた破片、そして白い骨、骨、骨が一面に広がっていた。



---------------

つづく
posted by amam <あむあむ> at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄・西表島でカヌーの3人

23日午後2時半ごろ、10歳の子供、母親、ガイドの3名がパナリ(新城島)から西表島に戻る途中、しけでシーカヤックが流され行方不明になっている模様です。

まったく、同じルートをシーカヤックで渡ったことのある私としては他人事とは思えない。
とても心配です。

無事に救出されることを祈っています。
posted by amam <あむあむ> at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

ひさご家阿部

おいしいお店♪
ひさご家阿部
東京都中央区佃2-21-12
tel: 03-3533-4955
佃の元祖レバーフライのお店
レバーフライとは豚レバーに味付けしたものを衣をつけてフライにしたもの
1本120円のフライは30分待ちでも絶対食べる価値あり♪
---------------------------------------
*2005/3/16ミニまぐ(http://mini.mag2.com/)発行
メルマガもよろしくお願いします。(携帯で受信可です)
http://amamz.net/i-mode/touroku.htm


なお、ひさご家阿部に関する詳しい情報は、私のブログ「月島 ぶらり路地裏」でご覧下さい。
posted by amam <あむあむ> at 12:55| Comment(0) | TrackBack(1) | おいしいお店(主に首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かなえ

おいしいお店♪
かなえ
中央区銀座8-9-4 銀座たあぶる館6F
tel: 03-3538-7877
季節感のある和食を中心にした惣菜と各地の日本酒・焼酎が味わえるお店
季節のお勧め紅芋コロッケとタケノコ土佐煮がうまま
清潔感のある店内と接客に好感が持てます
---------------------------------------
*2005/3/11ミニまぐ(http://mini.mag2.com/)発行
メルマガもよろしくお願いします。(携帯で受信可です)
http://amamz.net/i-mode/touroku.htm



*銀座たあぶる館はおいしいお店が多くて、結構お気に入りだったりします。
ただし入店のためのエレベーターが激混みで、火災とかになったら絶対死ぬなぁ・・・といつも覚悟(笑)しながら飲みに行きます。
posted by amam <あむあむ> at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいお店(主に首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツナっとうスパ

簡単レシピ♪
ツナっとうスパ
1.油を切ったツナ缶と納豆、付属のたれ、からしをよく混ぜる
2.茹でたスパゲティにめんつゆを入れた大根おろしをからめる
3.2に1をのせ刻み海苔を散らしたら出来上がり
---------------------------------------
*2005/3/8ミニまぐ(http://mini.mag2.com/)発行
メルマガもよろしくお願いします。(携帯で受信可です)
http://amamz.net/i-mode/touroku.htm

posted by amam <あむあむ> at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

2002年11月 久米島の神秘にくらくらするの巻 その1


2002年11月、いつもの負け犬トリオで久米島に遊びに行った。
ダラダラと離島を満喫しようと思って。


実はこの旅行の2ヶ月前、久米島には遊びに来ていた。
トリオのひとりJ嬢が仕事をしてる隙にY嬢とふたりで行ったのだ。
その時はピーカンだった。
太陽とすっかりしっかりお友達状態。
海遊び大満喫な旅だった。


しかし、今回の旅はちょっと違ってた。
あまり天気が安定していないようだ。
空は曇ったり晴れたり忙しい。


とりあえず、有名な霊感?スポット「おばけ坂」に行ってみた。

おばけ坂.jpg



ここは坂が下っているように見えるのに、ボールが上に転がっていくという不思議スポットである。
要は目の錯覚に過ぎないのだが、沖縄の草木が鬱蒼と茂るところというシチュエーションがなんだか不気味度をアップする。


それから、ミーフガーにいってみた。
ミーフガーっていうのは海岸にある奇石なのだが、女性のシンボルを表しているらしい。
めちゃくちゃ原始的な信仰なわけだが、子宝に恵まれない女性がこの岩に拝むとご利益があるらしい。

しかーし、馬鹿にしてはいけない。
実際に我々負け犬トリオの一人J嬢がこの一年後に御懐妊してるところをみると、恐るべきパワーがあるのだ。あの石には。


あの石↓


ミーフガー.jpg



そんなこんなで、久米島の神秘パワーに徐々に染められていく私達であった。




そして、翌日、朝から雨が降り始めた。
酒造所めぐりやスーパーめぐりなど一通りのインドア遊びを終えても、まだまだ時間がありそうだ。

y嬢がふと言った。「そういえば久米島にも鍾乳洞あったよね」

この一言が我々を恐怖のずんどこ(笑)に堕としいれていくことに、まだ誰も気が付いていないのであった。





----------
つづく
posted by amam <あむあむ> at 15:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

カワリブダイ Yellowbarred parrotfish

カワリブダイ.jpg



愛しいブダイ様の一種。
モデルは沖縄の「美ら海水族館」にいるブダイくんです。
もしかして、もう食べられちゃったかも?!知れないけど(笑)



-----

とりあえず、書き溜めていた魚のイラストのストックが切れてしまいました。
モンガラカワハギとかダルマオコゼとかナンヨウハギとか描きたい題材はいっぱいあるので、がんばって精進いたします。ハイ。
posted by amam <あむあむ> at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のサカナたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

那覇の公設市場



過去の旅日記がすっかり高齢じゃなくて恒例になった当ブログでありますが、過去の写真を整理して画像のサイズを小さくして・・・などという作業は結構、重労働であります。
か弱き負け犬の私にとって、命の灯火を燃やすような過酷な作業・・・。


なーんて、ちょっと今日は面倒なので、小ネタでごまかしてみます。



那覇の中心地、国際通りのど真ん中の牧志のアーケードをちょっと歩くと公設市場があります。
かなり観光化されてはいるけど、やっぱ市場って楽しい♪

買って帰れないないような肉や魚などの生鮮品も真剣に見てしまいます。
しかし、敵もさるもので観光客用にこんな風に色鮮やかにディスプレイ?して我々をおびき寄せるわけです。

公設市場魚.jpg



で・・・・「わー、色鮮やかできれいーーーーー。どーやって食べるのかしらーーーーー」などと言おうものなら、「2Fの食堂で料理してくれるさーーーーー」ってなもんで簡単に釣られてしまうのでありました。

でも、4人以上のグループなら一人2-3000円も出せば、かなりうまいものが食べられます。


公設刺身.jpg


これは4人分の刺身。
イセエビ、ブダイ、イカ、マグロだったかな?
この他にイセエビのお味噌汁とブダイの半身をから揚げにして餡かけをかけて出してくれました。
かなりウマウマ♪

昼間っからビール飲んでいい気分になりたいヒトにはお勧め。



沖縄ってお店によっては、そのまま畳でお昼寝してもいいところもあるみたいだけど、この市場の食堂には「昼寝禁止」の張り紙があるのでご注意くださいませ。

posted by amam <あむあむ> at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄を食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

海鮮もんじゃ 片岡

おいしいお店♪
海鮮もんじゃ 片岡
中央区月島1-25-9
tel:03-5560-8989
海鮮!の名の通り魚河岸から仕入れた新鮮な魚介類を提供してくれるもんじゃ屋さん
お店の内装もいい感じで女性客率高し
コースはめちゃくちゃボリュームあるので食べすぎ注意
---------------------------------------
*2004/3/7ミニまぐ(http://mini.mag2.com/)発行
メルマガもよろしくお願いします。(携帯で受信可です)
http://amamz.net/i-mode/touroku.htm


なお、「海鮮もんじゃ 近どう」の詳しい情報は弊サイト「月島 ぶらり路地裏」をご覧下さい。
posted by amam <あむあむ> at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいお店(主に首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

2002/05 負け犬トリオ、多良間島でモテモテの旅 その7



オトーリって楽しいよねー。

オトゥーリってらのしいよねー。

オォーリってらのひいろれー。

ツゥーリってらのりぃーーー。


というわけで、多良間のイケメンズに宴会に誘われた負け犬トリオ・・・すっかり泥酔です。
もう、限界・・・。
海辺での宴会はお開きになったけど、赤ら顔で完全に出来上がってる私達。


とりあえず涼しいところで休みたいので、島を一望できる遠見台に行くことにした。
ふらふら歩き始めると、その泥酔具合を見かねたのか?!イケメンが車で送ってくれるという。
あれ?イケメンも飲んでたんじゃ・・・・?????
飲んでないイケメンもいたのかな???


もー、わけわからん状態なので素直に車に・・・・・・・・って軽トラックの荷台ですかー。
しかも空いた泡盛の一升瓶といっしょって我々は荷物かーーーーーー。(笑)

遠見台まではほんの5分ぐらいの短い時間だったけど、鬱蒼と茂った緑の中を走ると瑞々しい森の香りが頬をなでる。
真っ赤な顔で空き瓶抱えてニヤニヤしている写真しかなかったので、ここにアップはしないけど、軽トラックでのドライブは風がとても心地よかった。




遠見台に上ったかどうか記憶にない。
残っていた写真はこんなの↓

泥酔.jpg




気が付いたら日が暮れかけていたので旅館に戻り再び寝てしまった。
イケメンズに誘われていた夜の宴会に行けず・・・。
あーーー、せっかくイケメンの誰かとラブラブになって、プライベートビーチ付きの多良間で始める憧れの新婚生活がーーーー(笑)





あれ、もしかして泥酔させてそういう流れにならないようにされたのか???



今となってはなぞだけど、そんなこんなで多良間でのモテモテタイムはあっという間に終わったのでありました。

帰りは、フェリー多良間でまたまた爆睡しながら帰りましたとさ・・・。



フェリー多良間.jpg





おまけ。
多良間島銘菓「ぱなぱんぴんと仲間達」


ぱなぱんぴん.jpg




-----
なんとなくおわり
posted by amam <あむあむ> at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

イロブダイ Cetoscarus bicolor

イロブダイ.jpg


こどものころは白いボディで目の周りがオレンジ。
マンガのようなかわいらしさのあるブダイ。

大人になっても、蛍光ブルーのボディに蛍光ピンクの鱗の縁取り。
あー、なんてかわいいんでしょ♪

そしてブダイですからね。食べてもうまうまなわけですよ(はぁと)
posted by amam <あむあむ> at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のサカナたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

2002/05 負け犬トリオ、多良間島でモテモテの旅 その6


多良間島の元?イケメンズに追い込み漁に誘われた私たち。

しかーし、当時まだダイビングを始めていなかった私とY嬢は泳ぎがとっても苦手。
恥ずかしながら、シュノーケリングも足がつかない場所でやるのはビクビクものだったのだ。

そこで、ご丁寧にお断りをすると、サザエなどの貝をくれた。


さっそく枯れ枝を集め火をおこすワイルドな負け犬たち。

貝を焼く.jpg


焼いてみたものの箸など先のとがったものがないと中身が食べられないことにふと気付く。
漁を終わり収穫した魚や貝を料理し始めたイケメンズのテント(い、いつの間にテントはってたんだ?!)に箸を借りに行った。


・・・・・沖縄のヒトって無類のもてなし好き。
もう、おわかりでしょう。
このまま、箸を貸してすんなり帰してくれるはずがありません。

あっさり、宴の一員として迎えられオトーリ(宮古島方面の習慣で延々と酒を回し飲みする)もやらされちゃいました。


宴1.jpg



話を聞くと、この日は島の豊穣を祈願して各集落別に魚をとってお供えをする行事を行ってるらしい。
男性ばかりで数日間寝泊りして漁をするとか、しないとか・・・。
(酒は回ってくるし、方言はほとんどわからないし、冗談か本気かわけわからんイケメンズなのでよくわからなかった)
そんな神聖な場に負け犬3匹も入れちゃってよかったんでしょうかね?????
この年、多良間島が豊作だったかどうかは恐ろしくて聞けません。

ご馳走になったものは

じゃじゃーん、ヤシガニ

ほのかにココナツの味がしてうまかった〜



ヤシガニ.jpg



タカセ貝の塩茹で


たかせ貝?.jpg


ダンボール!?に入れられた揚げた魚

ううむ、男の料理だぜ


揚げ魚.jpg


宴も終盤に近づくと大泥酔状態。
何もお礼をすることが出来ないのでせめて片付けだけはお手伝い、しかーし足元はかなり怪しい
ことになっておりました。


宴2.jpg



次回へつづいちゃう・・・。
posted by amam <あむあむ> at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

インガンダルマ2

アクセス解析を見ると3月4日深夜から5日のかけて「インガンダルマ」というキーワードでめちゃくちゃアクセス集中。

最近、seesaaのアクセス解析サーバにトラブルがあったばっかりなので、ありゃりゃアクセス解析壊れちゃったとか思ってました。
しかし、いまだに「インガンダルマ」をキーワードにした検索がやたら多い。

どうやら、「探偵ナイトスコープ」というTV番組に「インガンダルマ」が紹介されたらしい。

番組を見てないからどんな内容かわからんけど、食べた私の感想を述べるとめっちゃうまかったっつーことしか言えないですけどね。
やっぱ、深海魚だけに見た目はグロテスクなのかも?


以前、紹介した「インガンダルマ」の記事はこちらから(http://amamz.seesaa.net/article/1692941.html

posted by amam <あむあむ> at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

芋クジアンダーギーの素


先月、宮古島に行ったとき「芋(ウム)クジアンダーギーの素」っていうのを買ってみた。
確か、2-300円と思うんだけど・・・。



これ↓


芋くじ袋.jpg



で・・・週末に作ってみました。
単純に「この素」に水を加えて練り、30gほどの大きさにして揚げます。




油から浮いて来て、表面が狐色になってきたら出来上がりです。




で、味の感想はというと・・・
表面はカリカリで中はもっちりしています。
北海道のいも餅のいもを紅いもにして揚げたって感じ。

砂糖味っていうのと塩味っていうのがあって、塩味を買ってきたんだけど正解だった!って感じ。
紅芋本来の甘さが塩によって引き出されていてうまい。
もちろん、揚げたてが一番おいしいけど、表面をしっかりカリカリに焼いておけば冷めても結構おいしく食べられました。


-------------------------
商品データ

紅芋ウムクジアンダーギーの素
(株)新垣具郎商店
沖縄市浦添市西洲2丁目10-8
tel: 098-875-1316 fax: 098-875-1317
URL: http://www.arakaki-grow.co.jp
posted by amam <あむあむ> at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄を食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002/05 負け犬トリオ、多良間島でモテモテの旅 その5




突然ですがフジツボって知ってる?


海岸の岩やテトラポットに貼り付いている小指の先ぐらいの大きさの生き物。
ここの記事によると直径数mm〜3cmということになっている。

多良間島の海岸に打ち上げられていた「浮き玉」(こういうやつ)に張り付いていたフジツボはこんな大きさ・・・・。


フジツボ.jpg


ストラップにつけているタカラガイの大きさぐらいが通常のフジツボのサイズと思われる。
なんだか、でかすぎじゃないですか!?
恐ろしい;;;;;多良間島、巨大生物アイランド!?


到着初日の海岸散歩で度肝を抜かれた負け犬トリオであったが、翌朝はシャワーやトイレの施設がある「ふるさと海浜公園」に出かけた。



青い海、白い砂・・・。
典型的な沖縄のビーチ。
遠浅でどこまでもサンゴの続く海。
観光客などめったに訪れないところだけあって、海の状態も結構よいよい。






こんな宝物みたいな海を3人で独占なんて幸せ!と思っていたとき、10名近くの人影が・・・。
みんな色黒でたくましいイケメン達?
うーん、「10年前はイケメンだったかも知れないがちょっとお腹に肉が付いちゃったぞ」と思われる殿方たちが、どんどん海に入っていった。

水深5mほどと思われる沖合いで、イケメンズは輪になって泳いでいる。
ん?男シンクロ?ウォーターボーイズ?


なわけはなくて、どうやら魚を中央に追いやって魚を取っているらしい・・・。

ぼーっと見つめる私達。
そのうち、イケメン?のひとりが負け犬のひとりに声をかけてきた。



「いっしょに追い込み漁やらない?」


-------------

どーなる負け犬トリオ?!
ってことでつづく。

posted by amam <あむあむ> at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

沖縄で買ったTシャツ その8

マンタT.jpg


先月に宮古島に行ったとき買ったTシャツ。
SABOというお店のオリジナルTシャツ。

このお店のTシャツはデザインもカラーもサイズも豊富なのだが、気に入った色、サイズ、デザインの3条件を満たすものの在庫があるとは限らなかったりする。
このTシャツも本当はネイビーが欲しかったのだが在庫がなくて黒に・・・。
ダイビングではマンタ運のない私であるが、ここでもそれが災いしたか!?

2,3日あれば希望通りのプリントをしてくれるらしいので、旅行の初日にお気に入りをオーダーするのが賢明。
posted by amam <あむあむ> at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄を遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ヒレナガスズメダイ Neoglyphidodon nigroris

ヒレナガスズメダイ.jpg


スズメダイの幼魚はかわいいのが多いですが、コイツは親と全然違うのですごくわかりやすいです。
親はほとんど真っ黒で色気がありませんが、子供は黄色と黒または青の縞々です。

見かけたのは宮古島のイムギャーマリンガーデン。
とても魚の多い湾状のエリアですが、春先はベビーラッシュでいろんな子供を見かけます。
posted by amam <あむあむ> at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄のサカナたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。